apsオンラインの総合型選抜(AO入試)対策

総合型選抜対策

10人が読んだら10人すべての試験官が、あなたの言いたいことを正しく読み取るための文章構成が大切です。
また、あなたの価値がより一層高まる志望校選びも大切です。

「あなたに入学して欲しい」そう思ってもらうための志望理由書

志望理由書は、基本的には面接資料となるものです。
面接の質問の基本ルールである、過去(高校時代)、現在(本大学時代)、未来(大学卒業後)での受験者の展望を、
そのまま3段論法的に志望理由書に書くことが成功法となります。

ただ、それも個人的な希望というより、志望大学の理念や考え方に沿って書かなければなりません。
その要点にふれながら添削指導いたします。

論文形式にあわせて、あなたを正しく表現する。

小論文と一口にいっても形式も内容も様々です。
「作文」に近いものから専門性の高い「論文型」のものまでそのテーマも色々です。

ただ、小論には、書き方の基本ルール(原稿用紙の使い方、『』の使い方、文体の原則等)がありますので、まずはそこから始めなければなりません。また最近の傾向として、ある評論文を読んで、その筆者の主張にそって自分の意見を述べるという形のものが増えてきています。つまり表現力だけでなく、読解力も試される形です。

読解力は一朝一夕にはつくものではありませんので、読解力の養成も含めて指導していくことが必要です。

あなたの成功へのロードマップの完走を、難関大を突破したプロがリードします。

専任講師は自身が難関大を突破したトップ講師、分析・コーチングは一般企業で経営分析を経験したプロコーチ。

あなただけのカリキュラムで、あなたにあったトップ講師が寄り添います。
難関大を突破した講師のほとんどが、オンサイトである「apsアカデミー」の卒業生。
結果を出すためのメソッドだけではなく、あなたが今本当に悩んでいる核心を理解できる経験も持っています!

「自分自身をしっかりと見て欲しい」、そんな方はお気軽にご相談下さい。