難関大を突破したトップ講師オススメの「この1冊」

オススメ単語帳

オススメ単語帳
ここがオススメ

英語の勉強と言えば、まず「単語帳」ということになりますが、世に出ている英単語帳はどれだけあるのか私はわかりません。ただ一つだけ覚えておきたいことは、単語は長文を読むためのものだということ。だから、本来ならば英文中での意味ということになるわけですが、「速読英単語」という、英文の中で覚えていくような単語帳もありますが、意外と多くの生徒さんから覚えにくいという声をききます。確かに英文の中で一つの単語に注意を集中させるというのは難しいことだと思います。ある程度の意味が分かっていて長文の中で意味の確認をするということであれば、とても有効な方法かもしれません。ですから、せめてフレーズの中で覚えることをお勧めする。そういう意味で『システム英単語』は最適だと思います。いわゆる「ミニマルフレーズ」で覚えるのをその特徴としています。またこの「ミニマルフレーズ」は重要な熟語や、英語のコロケーション(言葉の使い方)を意識して作られています。そういう意味では使える英単語を目指すには最適であろうと思います。

また単語初心者にとっては、何の脈絡もないアルファベットの配列(英単語)を覚えるのは大変なことです。そこで初心者、あるいは英語が苦手な学生さんには『英単語の語源図鑑』(かんき出版)をお勧めしたいと思います。これは、単語を「接頭辞」「語根」「接尾辞」が表す語感をもとに単語の意味を類推することから語彙力を身につけるよう工夫されているものです。ただ、これは入門編としての位置づけで、これが終わったらさらに先に進んでください。

オススメ参考書

オススメ総合参考書
ここがオススメ

参考書の中には、いわゆる‘読者を選ぶ’というものが結構あります。つまり、基礎的な知識があることが前提だったりするわけですが、この参考書は珍しく誰にでも使えるものだと言えます。特徴としては各章Part 1の「これが基本」、Part 2の「理解する」、Part 3「深く知る」と、難易度を徐々に上げて説明しているところです。全体的にとても丁寧で、優しく英文法を理解できるよう工夫されています。ただボリュームがあるので、よほど気合を入れないと、通読は難しいかもしれません。ですから自分の学力に合わせて、まずはPart1から読み込んで行くとか、あるいは「英文法の辞書」として使うこともいいかもしれません。

オススメ問題集

オススメ問題集入門英語
ここがオススメ

長文の問題集と言うとほとんどが大学入試問題の「特集冊子」ということになるわけです。中には基礎レベルの大学入試用長文問題集と謳いながら、高校入試の問題を集めたものもありますが、そういうのはあまりお勧めできません。たとえあなたが英語が苦手だとしても、言語レベル(日本語レベル)はあくまでも高校生なのですから。

また、英文が読めないとなると文法問題集を一生懸命やる生徒さんがいますが、これもちょっとお門違いな感は否めません。私が思うに、文法に関して言えば、中学卒業程度の文法力があれば、大学入試の長文は読むことができます。読めない原因は、語彙力と構文の知識の欠如ということがほとんどです。そこでお勧めしたいのが、『読解のための英文法』です。これは、過去の入試問題から引用した英文を、構文に注目して優しく解説しています。語彙力とともに構文の知識は英文を正しく読むためには欠かせません。長文が苦手な人はまずこれから初めて見てください。

オススメ問題集

オススメ問題集応用英語
ここがオススメ

長文読解への道は、ある程度の語彙力と構文の知識がついたら、次はパラグラフを読み切るという段階が必要です。“単文だったら分かるけど、まとまった英文の内容が読み取れない”ということもあります。単文の意味にこだわりすぎる読み方をしていると、トピックを読むという本来の目的を忘れてしまうことがよくあります。大事なことは、単文の意味ではなく、トピックの内容、つまり筆者の言いたいことを理解することです。そのためにはパラグラフを読んでその中のキーセンテンスを中心にトピックを日本語で書き出してみるといいでしょう。その訓練に丁度いい問題集としてお勧めなのが『基礎英文問題精講』です。これはかなり昔からのベストセラーなので、内容的にはちょっと古さも感じますが、トピック読解の訓練としてはちょうどいいかもしれません。文章自体も易しくはありませんので、英文読解の訓練にもなりますので根気よく読み込むことをお勧めします。

オススメ問題集

オススメ問題集英語発展
ここがオススメ

実戦的な長文問題集は、基本的に入試問題を集めたものがほとんどです。ですから、当然、長文によってその難易度や語数が違がってくるわけです。そこで、お勧めしたいのは難度別の問題集です。この実戦的な長文を読むという段階では、一つの纏まった長文を決まった時間内で読み切ることを一つの目標としますので、自身の読解力にある程度見合った長文でないと、長続きはしません。「一日一長文」ということがよく言われますが、とにかく継続して読んでいくことが大切です。ここで紹介する「全レベル別英語長文」(旺文社)は①~⑥までの6段階に分かれていますが、基礎単語、構文、パラグラフリーディングと、ある程度長文読解へのステップを踏んできた生徒さんは、①は飛ばして②③レベルからでいいと思います。なお、このシリーズの特徴は、一つの長文を色々な角度から学習できるよう工夫されている点にあります。例えば、英文構造の表記、英文の文法的側面から詳説、音声による学習などリスニング練習にも利用できるよう趣向が凝らされています。ただ逆に、解説が詳しい分収録長文数が少ないというマイナス面もあるので、他の長文問題集(『やっておきたい英語長文』(河合出版))との併用をお勧めしたいところです。『やっておきたい』シリーズは300からやることをお勧めします。

オススメ参考書

オススメ基礎英文法参考書
ここがオススメ~『いちばんはじめの英文法』(東進ブックス)~

「英語が苦手」「英語の勉強がなかなか進まない」といった高校生から社会人の英語学習者が「いちばんはじめ」に読んでほしい英文法参考書。中学レベルからの「超基礎」英文法を講義形式で教える本です。英語総合参考書とはちがって、基礎だけに絞っているので英語が苦手な人でも、サクサクと英語の勉強が進み、「達成感」がえられること請け合いです。

 ただ、これは受験勉強の第一歩ですので、徐々に難易度を上げていく必要があります。

ここがオススメ~『新英語をはじめからていねいに(完成編)』(東進ブックス)~

「いちばんはじめの英文法」が終わったらこちらに進むのもいいかもしれません。入試問題に近づいた感があるかもしれませんが、内容は高校英語のほぼ基本事項から成り立っていますので、一つ一つの項目についてしっかりと理解し覚えていく努力をしてください。また確認問題が随所に取り入れられているので、問題を解きながら勉強が進められるという点では飽きがこないよう工夫されています。

ここがオススメ~『Vintage』(いいずな書店)~

受験文法の仕上げとしてやる「文法問題集」は皆さん学校で配られていると思いますので、それを繰り返しやることが大切です。例えば「Vintage」「NextStage」「Upgrade」「Scramble」などがそれに当たると思いますが、もし自分で購入しようと考えているのでしたら、「Vintage」をおすすめします。どの文法問題集も中身は過去問からの抜粋ですので、ほとんど変わりません。ですから解説が重要になってきます。そういう点から見ると「Vintage」が一番わかりやすいと思います。

 ただこれからの入試英語の方向性として、確実に難解な文法問題は消えていく傾向にありますので、「Vintage」をやるにしても、基本の表示があるものに絞ってやる方のが賢明だと思います。

オススメ参考書

オススメ参考書数学
ここがオススメ

実況形式で、考えながら問題の解法を身につけられる1冊!!

「東大生が一番読んでいる数学書!だからといって、難しいものではありません…」と帯に書かれていることが実証するように、基礎レベルからハイレベルのどの学習者にも向いている参考書です。

数学の問題演習は特に学習者自身の学力レベルと少し上のレベルの演習の繰り返しが大切になります。そのため多くの学校ではレベルに合わせた『チャート式』(数研出版)を使用していると思います。

しかし教科書レベルではわかるのにチャート式になると解説でわからない所がある、といった経験はないでしょうか?実はそこが、あなたにとっての数学の学力向上に最も必要なツボだったりします。

その単元を理解するための本質が話し口調で解説されているので、どのレベルの学習者にとってもわかりやすい内容になっています。

東大受験者は、苦手な単元はその本質を受験直前でも基礎レベルで復習することが多いです。
それが帯に書かれている文章の理由でもあり、基礎レベルの学習者にも向いている理由でもあります。

シリーズに分かれているため、自分自身の苦手な単元に絞ってそろえられるのも魅力です。